チェスゲームが始まったら!

チェスのゲームが始まったら、みなさんはどの駒から動かしますか?


何となく置いている人もいるかもしれませんが、実は最初の1手目からゲームの流れが決まってくるものなんです。


まずはゲームの序盤(オープニング)のポイントを説明しましょう。

[ スポンサードリンク ]

ゲーム序盤に意識すること

チェックメイトするためには、チェックメイトしやすい状況を作らなければなりません。


そのために1手1手を大切に、駒を動かすことを意識したいものです。オープニングの基本は次の3つを押さえておきましょう。

1.駒をフル活用

価値の低い駒を早めに動かして、強い駒を狙われないようにします。


クイーンやルークがいなくなると、駒がたくさんあっても全体の戦力が弱くなってしまいます。


また、たくさんの駒を取って相手の戦力を弱くします。守ってばかりでは、いつまで経っても相手の領域に踏み込めません。

2.キングは早めにキャスリング

のんびりしていると、あっという間に近くまで攻め込んできます。


キングが移動できるように、他の駒を動かしてスペースを空けるようにしましょう。


ゲームが進むにつれ、キングの位置の安全性や攻撃できる位置かが重要になってきます。

3.駒を中央に進めよう

駒を中央に進めるようにします。


早めに動かさないと、相手が攻め込んできて、身動きが取れなくなってしまいます。自分の駒によって進路がふさがれることもあります。


隅にあるときよりも中央にあるときのほうが、駒の動ける範囲が広くなります。


全ての駒をフル活用するつもりで、相手が攻め込んでくるような場所に駒を配置しないようにします。

最初に動かす駒は!

まず、オープニングで最も多い、e4から始まる場合を例に動かしてみましょう。

1. 駒を並べたら、まず中央へ進むことを意識します。後ろの駒たちはポーンが前にいるので進むことができません。そこで、通り道を作ることにしましょう。こう考えると自然と中央のポーンを動かすことになります。e4

チェスの例

2. 中央に進んで、クイーンとビショップに通り道ができました。黒のポーンが前に出ます。e5

3. ナイトを前に出します。Nf3

4. ビショップを前に出します。Bb5

5. キャスリングを行って、キングを安全なところへ移動させます。Re1、Kg1

オープニングの種類

オープニングの約9割はe4かd4で始まるといわれています。たくさんあるオープニングの種類は、大きく分けて次の4つに分類することができます。

オープンゲーム…e4e5で始まるゲームです。早いうちからピースの戦いが始まります。初心者向きのオープニングです。

【例:センター・ゲーム】
1.e4 e5 2.d4 e5xd43.Qxd4 Nc6


セミオープンゲーム…白のe4に対して黒がe5以外で始まるゲームです。e5以外にどんな手を打っているのかというと、c5やe6が多いようです。

【例:フレンチ・ディフェンス】
1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nc3 Bb4


クローズドゲーム…d4から始まるゲームです。初心者には難しいといわれています。

【例:ダッチ・ディフェンス】
1.d4 f5 2.g3 Nf6 3.Bg2 e6 4.c4 c6 5.Nf3 d5 6.0-0 Be7


フランク・オープニング…ナイトやビショップなど、ポーンを使わずにほかの駒を使って中央に展開する方法です。

【例:レティ-ベノニ・リバースド】
1.Nf3 d5 2.c4 d4!3.e3 Nc6 4.exd4 Nxd4

オープニングの定跡を研究しよう

長いチェスの歴史の中で、たくさんのオープニングの研究がされてきました。最初の数手を形にして残したものを定跡といいます。


定跡を覚えるとチェスに強くなるといわれていますが、それは指し手の1手1手の意味を考えることができるからです。


ただ本を読むのではなく、本に書かれている通りに再現し、なぜここにこの駒を打ったのだろう?と考えるのです。


オープニングの定跡はオープニングをまとめた本に載っています。英語で書かれた本が多いのですが、図を見て指すことが多いので、充分参考になるでしょう。


チェスの戦略や戦術に関する良い本は何年でも長持ちするので、是非探してみてください♪

[ スポンサードリンク ]